Androidウィジェットがたのしい

はじめてのAndroid

少し前から検討していたのですが、iPhoneが壊れてばたばたする前に、Android端末にスマホを変更しました。

ふせんや予定をホーム画面に表示できる「ウィジェット機能」が欲しかったのが主な理由です。

その他、iPhoneを長年使用して少し飽きてきた、Androidもそろそろ使いにくさはないのではないか、どうせGoogleアプリでいろいろバックアップは取れているわけだし…とかいろいろあるのですが、主だった理由はウィジェットです。

しつこく知らせてほしいんです

とにかく「こちらから表示しようとしなくても勝手に通知およびホーム画面での(ある程度きれいでカスタム可能な)やること等の表示」が欲しかった。忘れん坊で通知もなんだかんだすっぽかすような人間、しかも凝り性で見た目もこだわる(我ながらめんどくさい!)には必要だったのです。

f:id:kanokomori:20190426235420p:plain

というわけで見た目もある程度整えた結果がこちら。

いろいろと機能は表示できるのですが、電池の節約や見た目のこだわり、また「ごちゃつくと結局大事なものがわからなくなる」という自分の仕様の関係上、最小限に。

「今日のやること」と「薬のんだか?」がわかって、ツイッターとカメラがすぐに開けるように、ということを優先的にしました。

選んだ機種(BlackBerryKEY2というものです)の関係上、SNS等の通知はまとめて一つのアプリで見られるのでよかったです。

 

気に入っています。ぼちぼち遊んでカスタムしていこうと思います。

のめり込み過ぎには注意です。

 

 

各種アプリ・機種はこちら

play.google.com

play.google.com

 

 

よのなかについてのメモ

(今の時点で近しいような気がする言葉に置き換えようとしたもの)

 

目を、耳を鼻を、感じるということを、

(さらには言葉というものを、)獲得する以前、完全に世界であった

わたしというものを、すなわち感じるということ、知覚するということを

獲得してしまった

そののちに世界は立ち現れた=私はわたしとなり=世界と引き剥がされた

なんというさむざむしさ!

世界であったとき(それは”わたしが”とはいえない)の恍惚!

すべては同一で、全ては変化し続け、全てはバラバラであった、あのころ!

 

どうして、わたしは、なにかを、なにかだと、知覚し、そのほかから引き剥がし、

それらをまとめ上げることができよう?

不安定なそれを、なぜひとつの場に、時に、フイルムに、落とし込むことができる?

 

やはり、世界は立ち現れてなど、いなかった!

 

恐慌。

 

混沌に放り出される恐怖。

恐怖?

恐怖とは、なにか?

それを引き剥がすことはできない。

すべてはわたしで、わたしは存在しない。

すべてはすべてで、だから、なにもない。

 

回りつづける知覚の、恍惚だけ。

 

f:id:kanokomori:20190406181042p:plain

これは詩のようなものであり、記録であり、思考であるので、

noteにも、同じものを投稿します。

 

…どうして、みんな、このよのなかで、わーってならずに生きていられるのか、本当に不思議でならなくない?ということの理由、わたしの世界認識がこういうものに近いということが、ひとつ挙げられる。

 

 

 

差別についての覚書

私の中の差別にわたしは無力で、絶えずそちらへ寄せる波を懸命に押し込み続ける必要がある、そんな風に思う。

学び続けること。脳のリソースを投じて、そのものをわかりやすくしてしまわず、そのままそこに在るようにみること。

それは気持ちがざわついて、罪悪感を刺激することもある。とても怖い。

 

けれども、それだけではなく、世の中の差別と、戦ったり、自分や大切な人が差別されたりすることもある。そういうことを怖いと思うことは、ある。

 

そういうことが綯い交ぜになったざわつきを、簡単に差別だ、差別でない、と決めることはわたしには難しい。

けれど、どっちかに決めて安心しきってしまうことは、わたしはしない。

 

絶えず寄せる波を見極め、学び、堰き止め、流れを作ろうとする、教えを請う。

そうやって考え続けることが、アップデートし続けることが、

いまのわたしの、比較的言葉にできていることだ。

 

怖くても、今はそうやってやっていくしかない。

 

 

どうか教えてください。恥ずかしがりながら罪悪感にまみれて抵抗して、それでもわたしはたずねなければならぬ。あなたに。