ほしいもの

スマートグラス(妄想)

f:id:kanokomori:20180522181721p:plain

私は人の顔と名前を覚えるのがとても苦手です。

これが結構つらいことで、名前を呼べないっていうのは割とどうも、「あ、この人はわたしのことを覚えていてくれないんだな」という不信感のようなものをもたらしてしまうようで。そういうわけではないんだけれども…。

それから、その人が「どのくらい偉い人(社長さんなのか、上司なのか…)なのか」みたいなことも、顔がわからないし、名前もわからないので、覚えにくいです。名前を聞いたら「社長ですけど(ふんっ)」みたいなことが数回、あったような、なかったような…ひやひやします。

誰に何を聞くべきか、といったメモも使う側の設定でつけられるといいなと思います。

もっと詰め込めれば、自分の体力ゲージなんかも欲しいところです。これは、スマートグラスでも少しありますし(「MEME」とか)、スマートウォッチにはけっこうついている機能ですよね(てんかんの方向けのスマートウォッチ「Embrace」とか)。

jins-meme.com

www.rakunew.com

というわけで、アプリ連動でこんな機能があるスマートグラスが出ないかなーと、前々から妄想しています。アプリの設定で、ある枠組みの人にだけ表示をするとか、表示を避けることができたり・・・。LINEやFacebookスマホの「連絡先」の連携かなにかで、そういうことできないかな、顔認証ができるということは、けっこういけるんちゃうか。

明るさ調節なんかもやってくれるといいな。

あまり機能がありすぎず、これくらいに抑えて、使いやすく、買いやすい値段で…(とてもリアルな妄想)

 

技術者のみなさん、期待しています!

生まれてから(1990年、まだ携帯電話が出始め?)これまでに驚くほど色々なものが進化しているのだから、死ぬまでにこんなものも出て来ちゃう可能性、十分ありますよね。

 

たのしい妄想のお話。

わたしの感覚探求

刺激が欲しい!「感覚探求」

感覚のことをあらわす分類のひとつに、「感覚探求」というものがあります。

「強い刺激に対する能動的な反応」ということで、簡単に言えば「刺激が欲しい」っていう行動ですね。

参考「子ども情報ステーション(ぷるすあるは)」さん:

kidsinfost.net

そんな行動を、ふと思いついて集めてみました。

f:id:kanokomori:20180519215103p:plain

自傷他害欲求および自傷行動は直接的に危険ですね。

その他は、やりすぎるとちょっとよくない、というところでしょうか。

それなりにバランスを取りつつ、ぼちぼちいきます。

 

わたしの自傷が自己刺激かも、というのは、過去に記事を書いています。

 

morikanoko.hatenablog.com

 

 

方向性は少しづつ決める

カウンセリング初回です

カウンセリング初回でした。

20分の枠の最初は、体調の確認でした。睡眠・食事等です。

改めて確認されると、「寝つきは悪いのが通常」「昼食を抜きがちな最近」がありました。体調はわからないと言いました。

心理士さんには、ここ最近は調子が悪そうにうつっているようでした。

 

そして、これからどうやっていくかについて。

心理士さんは「精神分析心理療法」というのが専門ですが、それしかやらない・できないわけではないそうです。

ですので、認知行動療法的な「何か問題があって、それを解決する」ようなやり方①もできるようです。

また、現在の私には、あまり過去を思い出したり、よく考えるのは負荷が大きすぎるし、クリニックの枠であまり本格的なことも難しいので、「精神分析心理療法」を本格的に行うのは今のところ勧めないようでした。

かんたんに「ガス抜き」的に自分の気持ちや出来事を話すやり方②はどうかという提案がありました。

 

心理士さんからは、この①問題解決②ガス抜きのどちらかでやっていってはどうかと言われました。

 

このあたりで色々話すうちに時間が過ぎたので、結論は次回に持ち越しつつ、他の話もしましょう、という感じになりました。

言葉は得意に見えるが…

「気持ちを言葉にすることは、できているように見える」と心理士さんに言われて、モヤモヤしたので、苦手だということを伝えました。

言葉にするのは、あまりにおおざっぱすぎて、細かいところがこぼれ落ちる感じがする。暴力に感じる。ということを伝えられました。

初回はこんなものでしょう

少しづつぽろぽろと話をしました。

まあ初回はこんなものでしょう。

また、当たり前なのですが、今の心理士さんは前回のカウンセリングにつてはほぼ知らないそう(もともとは前の心理士さんが引き続きみる予定だったので)なので、次回は前のカウンセリングの記録を持っていきます。すごい量なので、その場では読めないと思うし、断られるかもしれませんが、知っておいてほしい気持ちがあります。

 

今回は20分でしたが、次回から30分の枠になりました。

また、料金が発生するので、隔週でチャレンジします。二週間耐えられるかな、という不安はありつつ、なんとかがんばりたいところです。