pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

減薬チャレンジはじめます。

※これはあくまで「もりの場合」の話です。服薬に関しては自己判断せず、主治医や薬剤師さんと話し合いましょう※

うっかり事件・大ショック!

発端は、最近あったうっかり事件です。

 

あるかなり激ヤバ(公開もできないレベル・・・)のうっかりを指摘されました。

全く気がついていなかったので、指摘していただいてとてもありがたかったし、結果的になんとかなったのはよかったのですが。

 

これはちょっと、不注意がひどすぎないか。

下手したらものすごくおおごとになっていたのではないか。

 

と思いました。

 

コンサータ、どうなんだろうか

f:id:kanokomori:20180113170712j:plain

そういうわけで、自分の不注意が気にかかるようになりましたが、すでにストラテラ(不注意などADHD症状に効くお薬のひとつ)は最大量飲んでおり、インチュニブ(これもADHDのお薬)は小児のみの適応です。

そうなるともうひとつは、コンサータ

わたしのクリニックはコンサータ処方ができ、また主治医から以前に「もりさんならコンサータためしても良さそう」という話が出ていました。

 

ところが、このコンサータ、「重度のうつ」には禁忌になっているようで、今飲んでいるうつのお薬をやめなくてはならないので、前には服用をしないことにしたお薬でした。

 

うつの薬が切れるのは怖い。

でも、うっかりおおごとになって、人に迷惑をかけるのも絶対嫌だ。

 

本当は、うつをしっかり治してから考えるべきなのだろうけれど…

「不注意や衝動が原因」で気分の落ち込みが出るとなると、いつまでもうつは治らない。

それなら、原因の方を先になんとかするのも手かもしれない。

 

そう思いました。

 

少しずつ減薬スタート

そこで、主治医にコンサータを試したい旨を相談し、主治医も了承してくれました。

一緒に使えない薬は、一気に減らすのは危険ということで、少しづつ減らし、完全になくなったところで、コンサータ処方となる予定です。

 

気分の変動が出るだろうと思うので、よく自分を観察しながら、少しづつ頑張ろうと思います。

 

忘れられない声たち

 

音声がリアルによみがえるのは時と場合を選ばずやってくる。

ただの音なら別に構わないし、まあ仕方ないかな、と思うけれど、つらいものがフラッシュバックすると、とても苦しい。

 

自分に言われた言葉ではなくとも、耳から流入してきたものは、防ぐことも、忘れることも、私にはできない。

頭の中で、口に出してそれを自動再生せざるを得ない。

 

これからそういう言葉をやめる、と言われても、謝られても、正直なところ、意味がない。一度こびりついたことばは、恐怖は、残る。

怖い。

 

恐怖で支配するしかない、キャラだから仕方がない、お前も一緒になって怖がっていたのか、意味がわからない、謎、あいつ頭おかしいよ、だからダメなんだよ

 

嬉しい気持ちの時でも、なんのきっかけもなくそれらは再生されてしまう。何度もなんども再生されてしまう。

怖い。

 

どうしたら、よくなるのだろう。

気持ちに責任を持つ

f:id:kanokomori:20180107215735p:plain

私の気持ちは私のもの。

あなたの気持ちはあなたのもの。

あなたが思ったことはあなた自身で責任を取る必要があるし、私もそうする。

一見冷たいようですが、私は優しいことだと思っています。

誰かに気持ちを取り上げられたり、「傷つく資格(と言えばいいのか)」を剥奪されることはありません

自分の気持ちは自分が味わって、感じて、処理するべきもの。

 

傷をなめあって、みんな同じだと思い込んで、不幸自慢をしあうよりも、健全で、すっきりとさわやかで、そして、やさしい、関係だと思います。

 

短いですが、これで。

 

本の紹介だけ、一件。

鬼さん、どちら (ビッグコミックス)

鬼さん、どちら (ビッグコミックス)

 

 ツイッターでも紹介しましたが、とてもよいまんがです。

そわそわ・もりのスキンケア

もりのスキンケアの工夫は「容器」です!

f:id:kanokomori:20180104215121p:plain


もりは現在27歳で、おそらく周囲の女の人並には、または、それ以上には、スキンケアや化粧について、親からきちんと教えてもらっています。「なんとなく雰囲気で」ではなく、「あなたももう化粧水を使いなさい」「化粧をしなさい、ここで買うのよ、種類はこういうものを」などというふうに、かなり具体的に

 

それでも、それらはなかなか身につかず、化粧水を毎日使えるようになったのは、恥ずかしながら最近(ここ1年くらいでしょうか)の話です。

その理由が、ここ最近はっきり言葉に起こせてきたので、画像を作りました。

 

「髪を乾かせない」「スキンケアができない」、「謎の焦り」「呆然」

 私は、いまだにお風呂上がりに自分の髪を自分で乾かすことが習慣にできていません。

とても恥ずかしいのですが、その時間を待つことができないのです。

頭が手持ち無沙汰になると、「次にやること」「次にやること」考えてしまって、頭が「手持ち無沙汰なのにいっぱい」で「よくわからない焦り」が出てきて、どうしてもじっとしていられないのです。結果、なぜかぼーっとして時間を過ごしてしまうこともあります。そんな自分を奮い立たせるような自己刺激行動(常同行動や自傷)をしてみたり。意味のないウロウロをしてみたり。そんなふうになってしまうのです。

今が15時だ、と思うと、「もうすぐ16時」「ということはもうすぐ17時」「ということはもうすぐ19時」「つまりもう明日みたいなものだ」「明日は◯◯がある。こんなことをしている場合ではない、早く寝ないと」とまあ、こんな具合になります。

おそらく、発達障害でない人は「何を言っているんだ、こいつは」状態になる思考なのは、書いていてもわかるのですが、やっぱりこうなってしまうのです。

 

こういう理由があり、基本的な生活動作がうまくできないことがあります。

 

診断で、服薬と工夫が降ってきた!

そんな状態で人生を「ああ、わたしはズボラなダメ人間だなあ」と思い過ごしてきたわけですが、ひょんなことから医師から指摘を受け、発達障害がわかり、いろいろ調べ、自分を研究するうちに「努力ではなく工夫を」という発想や行動が増えました。また、お薬も飲むようになりました。

そうすることで、「自分のできないことの理由がなんであれ、結果オーライなんだ、工夫して楽にこなしちゃおう」と思えるようになりました。

そして、今の状態に至っているわけです。

 

まだまだひよっこですが、少しづつ工夫や、ちょっとの頑張りを重ねて、自分で自分を認めてあげられるすがたになれればな、と思います。

 

関連記事

morikanoko.hatenablog.com

 

2017年のふりかえり

いろいろなことがありました

f:id:kanokomori:20171231202941j:plain

あっという間に大晦日ですね。

いろいろなことがありました。

心理士さんの異動が、やっぱり一番大きかったかな、と思います。

けれど、必要なステップだったのではないかな、と思っています。

 

部分的にではありますが、今年の月ごとに書いた記事をランダムにピックアップ(はてなブログが勝手に抽出してくれた記事なので、本当にランダムです)しつつ、振り返りをしました。

なんとかかんとか、皆様のおかげで年を越せそうです!

 

たくさんの感謝をみなさまに。

良いお年をお迎えくださいませ。

聴覚過敏シンボルバッジ【追記2018/01/13】シールも作ったよ!

石井マークさんのアレ、欲しいなあ

先日話題になった、「石井マークさんの聴覚過敏シンボル」。

それがやっぱり持てるといいなあ、という話題に、昨日ツイッターでフォロワーさんとのお話で、なりました。

otakei.otakuma.net

小ロット(1個から)、キーホルダーやシールにならないかな?と改めて探してみると、「カメラのキタムラ」さんが、1個から缶バッジを作ってくれるよ、というブログにいきあたりました。

www.kagua.biz

衝動性の塊であるところのわたくし、もり、

翌日そわそわと仕事を終え、すぐにキタムラへ向かいました!

 

できました!

f:id:kanokomori:20171221170509j:plain f:id:kanokomori:20171221170505j:plain

画像はキタムラの端末で読み込みます。

USBやSDカード、iPhoneからも読み込むことができるようです。私はUSBにデータを入れて持って行きました。

 

端末を操作し、待つこと15〜30分くらいでしょうか。

 

イメージより大きかったですが、とても綺麗にできました

形と大きさはこれ一択なので、ほかの形状はキタムラではできないようです。

端末上、「解像度不足」マークが出ていましたが、全く問題ありませんでした。

お試しで1個作ったのですが、もう少し作っておけばよかったと思っています。

 

他の方法や他のグッズ

キタムラその他

f:id:kanokomori:20171221170508j:plain

こんな感じで、キタムラもわりと缶バッジできるよアピールをしていました。

本当は写真でやるのでしょうが、別にイラストやマークでも何も言わず受けてもらえます。

一週間かかりますが、キーホルダーもできるみたいです。

 

ウェブ完結

ネットで注文したい場合、Pixivfactoryが便利そうです。他のグッズも作ってみたくなっちゃいます。

factory.pixiv.net

※Pixivfactoryの場合、缶バッジにする画像データに「まきしろ」が必要なので、石井マークさんが配布しているものを、少しだけ加工する必要があります。

 

まのさんの聴覚過敏バッジ

f:id:kanokomori:20171221171814j:plain

また現在販売されていませんが、まのさんという当事者さんの作ったバッジも非常にわかりやすくてよいです。

素敵なマークをありがとうございます!

石井マークさん、本当にありがとうございます!キタムラさんも・・・!

必要があってつけるわけですが、うさぎさんが可愛いくて、なんだかつけるのがうれしい気持ちになってしまいそうです。

ちょっと外出が安心・楽しくなるといいな、と思います。

 

追記:キタムラは結構白いので、視覚過敏のある方は対策をしていくことをおすすめします!

 

                           

 

追記:pixivfactoryにて、シールも作成しました!

f:id:kanokomori:20180113144512j:plain f:id:kanokomori:20180113144515j:plain

 

とりあえずイヤーマフに貼りました。

あとは、どこに貼ろうか、じっくり考えます。

シールは、シール台紙を買って自分で印刷もできるので、比較的手軽です。

私は、ある程度のツルツル感が欲しくて、注文してみました。

「そういえば」ストラテラ

じんわり効果

じんわりと、「あ、そういえば」

そんな感じで効果を感じつつあるストラテラ服用です。

全部が全部、薬でよくなるわけではありませんが、確実に効果は出ています。

ストラテラの効果(もりの場合)

ストラテラの効果(もりの場合)

思いつく限りで具体的に効果をならべてみました。

外側から見ると、「しゃっきりした」とか「動きが減った」とか、あるのでしょうが、「実感としての体の楽さ」が一番大切だと思います。

なんというか、「ちゃんと体の存在が少し明確になって、多動や衝動をしなくても済む」感じが少しあります。

逆を言うと、普段は動きたくて動いているわけではなく、「そうせざるを得ない、なんとなく押さえつけられている感じ」があって、モジャモジャと気持ちが悪い、ということです。

その感じは今もかなりあります。私の場合、頓服のそわそわどめで、時々我慢し難い時は、強制的に体を重くして、動きを止めています

わたしはASDが優勢ですが、それでも、効果は出ているようです。

 

いろいろと研究・開発が進んで、楽になれる人が増えるといいなと思います。

 

過去のストラテラや多動衝動関連の記事はこちらから↓

 

morikanoko.hatenablog.com

morikanoko.hatenablog.com
morikanoko.hatenablog.com