A音のビープ

運転していてビビるとき

わたしはもともと運転がそんなに好きではないのですが、それにしても時々なぜか「ビクッ」となるときがあるなあとは常々思っていました。

 

それがいつだったか、先日一部解明されました。

それが、

 

ある種のBGMで、歌詞が「なーーー」とか「あーーー」とか、母音がア(A)音で、伸ばす音のとき。

 

なぜか、同時にクラクションに似た「BEEP」というような音を感じてしまい、「え、どこでクラクションなった?」と気になってもどこでもなっている様子がなかったり、単純にびっくりしたりするので、ビビる。

のです。

 

その他、なぜかわからないけれど、BGMのたくさんの音(ひとつの曲、メロディですが、たくさん音がありますよね)の中に、何か砂を噛むような嫌な感じがする時があって、これもちょっとゾクッとします。

 

なぜだろう?

上のようなことをTweetしたところ、『音程がずれた時なのでは?』という説が浮上しました。

確かに伸ばす音のときは、おそらく通常、複数の音が出て太めに聞こえる人の声が伸ばされて、別々の音があるように感じます。だから、ズレが出やすく、ごまかしにくいために、それを感じ取ってしまう、ということはありうるでしょう。

音のズレをどう感じるかはさまざまで、1人の人間の中でもたくさんある場合もあるそうで、砂を噛む感覚になるときも、音がずれている可能性はあるみたいです。

 

ただし、私の耳も音楽の感性もそんなに性能のいいものではないと思うので、どうなのかなあ、とは思います。

そういった音楽的センスとは近い位置にあるものの、別物でもあるでしょうから、可能性はないわけではありませんが。

 

「特定の音が苦手」「音全般が苦手」「音が混ざっているのが苦手」など、さまざまな感覚を持つ人がいますので、そのひとつと捉えて、危なくない程度に付き合っていくしかないでしょう。

 

f:id:kanokomori:20170307195041j:plain

 

パニックをおさめたいとき

パニックは、やっぱりおさめたい 

先にこんな記事をかきましたが、

morikanoko.hatenablog.com

 それでもやっぱりパニックは苦しく、おさめなければならない場面も少なくありません。

そんな時の、私の行動と、周囲の人に知ってほしいことを画像にしました

 

f:id:kanokomori:20170305172422j:plain

 

f:id:kanokomori:20170305172408j:plain

私の場合はこう

自分の場合について、書き込みをしました。

f:id:kanokomori:20170305080951j:plain

私の心理の先生は、まず姿勢をまっすぐにするように促します。

背筋を整えると、呼吸がととのって「しまいがち」です。

そうすると余計に泣けてきてしまうこともありますが、それにしても、落ち着くことは比較的多く、おすすめです。

まだ1人ではなかなかうまくできず、指導してもらっていますが、呼吸法に加えて姿勢を正すとよいと思います。

好きにかわいがれるおもちゃじゃない

「配慮」と「”こども”あつかい」

障害者や高齢者に対する配慮として「はっきりとわかりやすく」話す、というものがあります。

おそらくそれとの混同なのでしょうけれど、なんとなく「配慮」と「子供扱い(悪い意味での)」が同じように扱われて、大人なのに、

 

「とにかく大きな声で(恥ずかしいことも。はっきり言うことと大きな声は違う)」「急になでたりさわったり、アタリマエのことを褒めちぎったり」「初対面でいきなり”かわいがったり”=「きゃー、かわいい」とか。」

 

ということがあるような気がします。

支援者でもです。

 

障害者は愛玩動物でも赤ちゃんでもないし、そもそも愛玩動物や赤ちゃんだって、こんなことされてはいけないはずなのです。もちろん、そういう対応を喜ぶ場合には別ですが、それだって、調べたり観察したりが必須なわけです。

みな、意思がある。わかりにくくても。

それが理解できず、また理解できても、うまく対応できないのなら。

 

別に、その人だけがその動物や子ども、障害者や高齢者を支援しないといけないわけではないわけで。

そして、その「支援」は、むしろ逆効果になることもあって。

だったら、なにもしないで欲しいな、と思います。

 

とりあえず自閉症者に絞って、「おさほう」シートを作った

そういうわけで、特性を踏まえて少し見やすくシートにしてみました。

ただし、これが全てではないことは、ご承知ください。

個人的な制作物です。

 

f:id:kanokomori:20170305081004j:plain

 

f:id:kanokomori:20170305080949j:plain

よろしくお願いします。

かかわりを求めていないわけではないけれど、少しお互いにコツのいる存在です。

けれど、これって、健常者のあいだでは、ごく自然にやっていることだと思うのです。

それでいいのです。

苦手なことは避けてください。理解できなくてもいいので、しないだけ、強制しないだけで、かまわないのです。

そして、少しづつ楽しいことを共有したいです。

めんどうくさいかもしれないです。ごめんなさい。もしそれなら、ほおっておいてください。攻撃することだけは、しないでください。

もし、それでもいいよっていう人は、よろしくお願いします。