「自閉症の現象学」読了

やっと読み終わり

自閉症現象学」という本を読み終わりました。

f:id:kanokomori:20170611105957j:plain

先日、「深めてみては」と言われて、途中で投げ出していた本を再び(途中からですが)読みました。

 先日:過去記事

morikanoko.hatenablog.com

 

むずかしい本で、読み飛ばしながらひととおり、という感じでしたが、面白く読めました。

なんとなく、常同行動の章について、先回の記事で示したようなことと頭の中でつなげることができて、「なるほど、なるほど」と思いながら読めました。

思考の仕方や発達の道筋について、ああ、なるほどまさにそんな感じだなあ、と思います。

私の常同行動的な思索遊びについて、ぼちぼち感じながら読むこともできました。私のそういうものは、研究とは少しずれていて、どちらかというと常同行動的なものだなあという感じを受けました。

 

最近、長い時間本に集中できないのですが、またちまちまと読み返していこうと思います。

 

うまく言葉がまとまりませんが、記録まで

 

 

新しいおもちゃ・ハンドスピナー

ハンドスピナーが届きました

新しいおもちゃ、ハンドスピナーが届きました。

 

ハンドスピナーとは、アメリカで流行しているおもちゃだそうです。

ただ回すだけのシンプルなものですが、それが自閉症児やADHD児の情動によい(安定するようにみえる)ということでちょっと前に発達障害界隈(?)をにぎわしました。

私はなんとなく探り探り、もし自分に合わなくてもいいように安いものを購入してみました。

すると、海外からの取り寄せになり、時間がかかって今日、やっと到着して、しばらく遊んでみました。

f:id:kanokomori:20170610155205j:plain

 

「がびょうコマ」の思い出

※まねしないでね※

小学生のころ、私は、指で画鋲を回して遊ぶことにとても熱中していました。

画鋲によって周り方が違い、きれいに回る画鋲をコレクションしていました。

先生から、「学校に持ってくるのは1つまで」なんて言われたりして。

お友達もやっていました。だれがよく回るか競争したりもした気がします。

回っているので、手に載せることもできました(今考えると危ないけれど、ちょうど心地よい刺激なのです、これが)。

その恍惚に近いものが、ハンドスピナーにはある気がします。

 

カウンセリングでも話題に

ちょうど注文してハンドスピナーが届くのを待っている頃、カウンセリングでも話題になりました。

「ちょっと僕、もりさんに聞きたいことがあってさ〜」なんて言うから身構えたら(異動の件があるので・・・)、

ハンドスピナーって、どうなの?自閉症界隈で、話題になってる?」と。

「うーん、ハマってる人はハマってる。まず買わないといけないからそこにハードルがある(私が主に繋がっているひとが成人で二次障害を抱えていることもあり、経済的にはそんなに余裕がない)。」

というようなことを答えておきました。

そして、先生がドンキで買った(買ったんかい!笑)ハンドスピナーを触らせてもらって、ちょこちょこと感想を言いました。

管理の問題があるけれど、病院に置こうかとも検討中らしいです。どうも、結構置いている病院もあるそうで。

とても感覚的な部分ですが、やっぱりこれ系(回転するものやラトル、水の流れ、音の刺激、…)はハマるのかな〜という印象です。

 

もりのおもちゃたち

f:id:kanokomori:20170610160920j:plain

いま、私の持っている療育系のおもちゃは、こんな感じです。

もっと集めたいなー!

カラフルでかわいくて心地よい。

結構、インテリアとしての部屋への馴染みも悪くないです。

 

おみみいろいろ・2017summer

耳をまもるグッズ紹介

今日は、もりの耳を守るグッズとして、最近使っているものを紹介します。

以前から少し進化しています。

f:id:kanokomori:20170604210214j:plain

こうやって工夫するのは楽しいです。いろんな工夫をして、楽しく生きてゆきたいです。

 

※でもやっぱり、これらは万能ではないので、静かな部屋でゆっくり休む時間も必要で、無理がきくというわけではないことを付記しておきます。

 

以前の関連記事 

morikanoko.hatenablog.commorikanoko.hatenablog.com

morikanoko.hatenablog.com