聴覚過敏シンボルバッジ【追記2018/01/13】シールも作ったよ!

石井マークさんのアレ、欲しいなあ 先日話題になった、「石井マークさんの聴覚過敏シンボル」。 それがやっぱり持てるといいなあ、という話題に、昨日ツイッターでフォロワーさんとのお話で、なりました。 otakei.otakuma.net 小ロット(1個から)、キーホ…

「そういえば」ストラテラ

じんわり効果 じんわりと、「あ、そういえば」 そんな感じで効果を感じつつあるストラテラ服用です。 全部が全部、薬でよくなるわけではありませんが、確実に効果は出ています。 ストラテラの効果(もりの場合) 思いつく限りで具体的に効果をならべてみまし…

サポートブックは更新しよう

支援センター面談 この記事(下)の出来事があって、その後の話です。 morikanoko.hatenablog.com このあとセンターから電話があり、「引き継ぎ用の資料を、改めて作ってはどうか」と言われました。 会社には、私の特性をあらかじめ資料にして渡してあります…

才能ってなんだ?

診察でした。 診察でした。 今日は、ツイッターのまとめと、職業センターと一緒につくる引き継ぎ書のたたき台(会社側に伝える特性の説明書を、はじめより改良したもの)を見せました。 これといって問題になっていることはなかったですが、つぶやいてあった…

「症状」「特性」、そして「障害」

発達障害と「あいさつ」 発達障害者にとっては、「常識」「マナー」といったものはわかりづらく、そういうものに沿った行動を、時に苦手とすることがあります。 しかし、それは「発達障害者は常識的な行動ができない」という意味ではないのです。 たとえば、…

障害は慣れでは治らない

忘れられた配慮 ちょっと大きいパニックを起こして支援センターに呼ばれて行ってきました。 その中で ・どんどん仕事が忙しくなってきてつらいこと。 ・異動がたくさんあって、もはやどのくらい自分の障害を知られているのか曖昧なまま、手帳のことなども書…

姿勢について

姿勢が悪いです 最近、だいぶお腹が出てきたのもこの関係なのでは・・・と疑っているのですが(お腹を机にもたれさせて安定をはかってしまう)。 姿勢が悪いです。 それを補うために、変な姿勢になったり、多動っぽくなったりしている部分がかなりあります。…

とてつもない恥と絶望

恥と絶望の発作 時々襲われる、とんでもなく自分の存在や、自分の性(せいべつ、の意味の時もあれば、さが、の意味の時もある)が恥ずかしく、全ての空気に触れている自分が憎らしく、穴があったら入りたい発作があります。 そして、ほぼ同時に、どうしよう…

感覚のこと(JSI-R)

感覚のことをまとめたい なんとなく経験上でわかっていることですが、感覚についてひとまとめにしたいな、と思いました。 kidsinfost.net そこで、この記事の検査を受けてみたいと思いましたが、どうやら通っているクリニックでは無理なよう。 そこで、対象…

嬉しかった診察

後から気づいた嬉しさ 今日は診察がありました。 夜になって、なんとなく思い出して頭の中で再生するうちに、すごくいいな、うれしいな、と思い至った言葉があったので、記事にしました。 今回は、この記事 morikanoko.hatenablog.com で整頓したファイルと…

完璧主義はくるしい

完璧主義はくるしいし、困る かんたんシートを作りました。 完璧主義で困るのは、「踏み出すことがものすごくできない」ことや、「失敗した時に甘えられる人間(家族など)を責めてしまったりして、周囲が困る」こと、「パニックに陥ること」などがあります…

医療関係書類を整頓・2

以前整頓したものを改良 morikanoko.hatenablog.com それぞれのコーナーに 表紙をつけました。表紙なので情報は非常に簡易な物です。 けれども、これくらいの情報量+詳しい情報、という形、さらには自分の書類もそこに挟み込めるガイドブック兼ファイルのよ…

大異動でばたばた

異動の秋がやってきた 秋だから、というわけではありませんが、私のいる部署で、大異動がありました。 前回は、調子をひどく崩した異動です。 今回は、とりあえず今はがんばれています。 どたばたしながらも、「いそがしさ」を人に言えているからでしょうか…

バス通勤の準備

おそらくバス通勤に… morikanoko.hatenablog.com 以前こんな記事を書きました。 実はこのあと、配慮があり、バス通勤しなくてもよくなりそうでしたが、やはりその後の通達で、バス通勤が避けられなくなってきました。 私がバス通勤ができない理由は、上記記…

リ・セット

ようやくの決着 臨床心理士さんとのカウンセリングを終わりにしました。 異動関連の記事はいくつか書きましたが、ようやくの決着をみました。 morikanoko.hatenablog.com 経緯あれこれ 書ける範囲でフェイクを入れながら経緯を書いておきます。 心理士さんと…

くうきを贈る。

くるくるレインボー フォォ pic.twitter.com/XlCphhnrK3— もり (@morikanoko) 2017年9月19日 アキャー pic.twitter.com/hhT4WNW4Im— もり (@morikanoko) 2017年9月19日 「くるくるレインボー」というおもちゃのキットが届きました。 おもちゃが届いた、それ…

ストラテラと受け入れ体制

足りてなかったかも ここ最近の不調で処方が増えたもりです。 現在は ・朝 ストラテラ40 エビリファイ3 抑肝散 ・昼 抑肝散 ・夜 ストラテラ40 サインバルタ20 抑肝散 ・寝る前 デパケン30 という処方です。 朝のストラテラと、寝る前のデパケンが…

イレコ手帳・プレデビュー。

お試ししている手帳 2017年・後半分のみの販売があったので、「イレコ手帳」をお試ししています。 2018年に向けて、ちょっと気が早いですが、使ってみたくなり・・・。 後半分だけ、という販売があったので、買ってみました。 tent-lab.stores.jp も…

不調が続いています

不調が続いています。 今日の通院でもひどい状態になってしまいました。 別室を使わせてもらい、診察と会計もそこに来てもらいました。なんともなりません。 こんな状態に対応してもらえて本当に助かっています。申し訳ないけれど。 先生に、気持ちを前みた…

ことばの「面倒さ」とはどういうことか

「ことばは面倒だ」と言うASD者 Twitterで見かけた、ASD児者の「ことばは面倒」という発言。 私もそうだと思います。 いくつかの記事やツイートで、それに類することは主張しているのですが、あらためて「ことばの面倒さ」について、記事にしてみようと思い…

医師とのコミュニケーション

「あまり聞いてもらえなかった・・・」 精神科や心療内科の診察、とくに再診において、こんなふうに感じる人がけっこういるんだな、と、時々思います。 私は、カウンセリングを併用したりしていること、医師が発達障害に理解があることで、そういう思いはあ…

ちゃんと引きこもってる?

頓服が足りない! 今日、急遽予定の日より早く、予約をとって病院に行きました。 ここ最近の不調により、処方された頓服が足りなくなったため、貰いに行きました。 メルトダウン 頓服を貰いに行くに当たって、「頓服を飲み過ぎ」などと叱られやしまいかとち…

にぎにぎおもちゃ。

おもちゃは楽しい おもちゃは、遊ぶのも、眺めたりコレクションしたりするのもとても好きです。 以前から、いろいろなおもちゃを紹介していますが、その中のひとつで、まだ紹介していないものがあったので紹介します。 写真真ん中の、緑色の輪っかです。 ハ…

腕時計がつけられない

腕時計がつけられない わたしは、時計、特に腕時計が好きです。 かっこいいし、いろいろな機能が詰まっていて非常に魅力的です。 ところが、何度試しても、どんな腕時計をはめても、結局外してしまい、ずっとつけている事ができません。 「慣れ」かもしれま…

眠るのがヘタ

入眠困難です わたしは、眠り始めるのが苦手です。 寝てしまえばわりと途中で起きることはないのですが、それまでが、うまくできません。ベッドに入ってから眠るまでに、基本的に1時間以上はかかります。眠いはずなのに、眠れません。そして、翌日の朝、眠…

過食・異食の自己刺激?

へばっています ここ最近、特に今日は、心身が上を向いてくれずへばっています。やたらに不調です。 過食・異食 わたしは仕事から家に帰ると、必要以上におやつを食べたり、時には調味料や「お茶漬けのもと」なんかを「いらない」と分かっているのに食べてし…

共感性羞恥のようなもの

「共感性羞恥」とは togetter.com 少し前(結構前だろうか)に話題になったものです。 「他人が気まずくなったり、恥をかくところを見るのに耐えられない・つらい」という現象があります。 わたしも、それがよくわかります。 ASD者でも「共感」性羞恥がある…

けんかっぱやい?

ASD

いい大人なのに、喧嘩してしまう 私は、すぐに人とケンカになります。 といっても、どちらかと言うと私が一方的にケンカのようになってしまい、パニックを起こしているような状態になる、ということです。 間違ったことや嫌なことを、スルーできない 私は間…

「親なきあと」

障害者の「親なきあと」という問題 ふいに、不安になります。 親なきあと、自分は生きていけるのだろうか。ということ。 金銭的にもそうですし、体がますます言うことをきかなくなる中での通院等も不安です。 そんな中であるのが、「地域で暮らす」というこ…

障害を語るということ

当たり前に、障害とともに生きてきた 私は、成人後の診断で、障害を知りましたが、うつはともかく、発達障害の特性に関しては、生まれたときからつきあってきたものです。 ごく当たり前に、その特徴とともに生活してきました。 感動をさそうつもりはなく、ご…