読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

カウンセリング5 +α 記録


前回のカウンセリングと通院は大失敗。
わぁわぁとたくさんの「やらなきゃ」「焦り」に押しつぶされて、しかも計画がうまくできない特性や、見通しがないことへの不安特性、複数のことを一度にやるとパンクする特性などが絡んで、ひどいありさまでした。
ゆっくりいきましょうって先生は言ってくれる、そう思うけど、なかなかいつもうまくいくわけじゃないなぁ。
カウンセリングも、問題解決をするはずが、そういうことのいろいろをノートに書いたものを指さして、頭がいっぱいで、わーっとなっちゃうだけで終了。

次はシルバーウィークと、面接練習があるので、月末。

新しいお薬は合わなかったから、いままでのとんぷくの残りをチラチラ確認しながら、ゆるゆると。…いけるかなぁ?

パニックが最近ひどいから、先生はお薬変えようとしたみたいだけど、副作用しかでなかったよ〜。

あぁやっとここまで書けるようになりました。


明日は面接練習。
面接や緊張する場面、ちょっとした面談でも、小さい頃から離人しちゃうので、そうならないといいなぁ。離人しても喋れてるみたいだけど、地面がぐにゃってなくなっていろんなものがちいさくおおおきくきゅうっとぐるぐるして、魂が右上に抜けてしまう、あの感覚はとっても嫌だ。


面接練習がんばったら、見えない障害バッチが届くはず。がんばろう、でも、がんばりすぎないように。


プラ版とレジンで、バッチに合わせて凸凹バッチを作ったよ。
合うといいなぁ。