読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉症スペクトラム。 わわわアール・ブリュット作家です。

歯ブラシはいつ消耗するの?

ASD 工夫


もったいないので、ものは長く使いたい。
けれど、清潔でなければならない。

どのくらい汚くなったら、どのくらい摩耗したら、どのくらい消耗したら、取り替えればよいのだろう?

そういうことが、わかりにくいものがいくつかあります。
その筆頭が、「歯ブラシ」です。

歯ブラシは定期的にかえる必要がありますが、どのくらいで変えれば良いのかがわかりにくく、また人によって異なります。
かといって、ブラシの開いた状態でずっと使っているのはいけません。
そういうものがいくつかあります。
全てにアラームをかけていたら、忙しいですし、それに脳の一部が気を取られてしまいます。

そこで、ふと気がついたやり方です。
「歯磨き粉がなくなったら、歯ブラシを替える」
当たり前のことなのかもしれませんが、私には大発見の画期的な方法なのです!

感覚で判断できる人よりも、すこしコストが掛かるかもしれませんが、私には適しているのではないかな、と思います。
スポンジ類・ブラシ類などに応用のきくやり方です。

捨てどきがあいまいなものに困っているならば、上記のような方法があります。