pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

電車に一人で乗れますか

初回のカウンセリングでわかったことがひとつ。

私、新幹線や夜行バス・バス・タクシー・および使ったことのない交通機関や宿泊の予約およびそれを行う、ということが、一人できません。

なぜかというと、たぶん、ほとんどやったことがないからです。多分・・・本当にどうしてだかわからないけれど、足がすくんで逃げ出したくなってしまう。できない。怖い。

必要最低限は親や友人がやってくれていたし、自分で遠くに遊びに行くような体力や精神力もなかった。アクティブな友達があまりいません。

新幹線の、みどりの窓口や自動券売機は、かろうじて使えますが。

就職活動は選択肢が多くてフクザツすぎる、という話から、わかったことです。
自分のことばに「そうだったのか〜」と思いました。

就職活動をするにあたって、地方にいますから、どうしても上記のことが必要になります。

どこにエントリする?
どうやってPRを書く?
面接では何をしゃべる?

なんていう基本的に「これができればOK」みたいな部分も難しいのですが、

「どうやって行けば、時間通りに、緊張をほぐしつつ、遅刻しないで、行ける?お金はどのくらい必要なの?どのくらい使うものなの?」

みたいな部分や

「どのバスを使えばいいの?調べればいいのは分かるけどやったことがない。怖い。宿も同じ。怖い。怖い。怖い。」

みたいな部分、そもそもの生活能力のベースに、凹みがあったのかも…。




しかも、「シャカイジン」ってものすごく怖い。
いつ死ぬかわからないし、もう遊べないと散々脅されるし。

卒業式が終わった瞬間、この世から消えてなくなりたいって、大学4年生になった頃からずっと思ってた。

もちろん以前の仕事も希望して、希望して、はじめた仕事。
でもやっぱり、こういう「できない」が重なってしまったことも、要因なのだと認めざるを得ない。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

私、「でもしか先生」だったのかな。自分が大嫌いで、すごくダメな人間なのだろうと思ってしまう。

それだけじゃないよって思うけど。
この状態で、採用試験を受けて、しばらく仕事をしていたことは、せめて自分で自分には認めて上げたいけれど。

でも、やっぱり周りに迷惑を掛けて、今もかけていることは事実で。そして、前の職種が職種なだけに、「お前、最低だな」って、自分に言ってしまう。

前に進むことでしか、解決できない。
進みたい