読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

風をつかまえた?(1)









和歌山にいってきました。

私は岐阜に住んでいるので、大移動です。

1.メールを先延ばして


きっかけは、「わわわ学園」という和歌山県アール・ブリュット作家育成支援のNPOが、これまでは行っていなかった(県内のみでの芸術家育成だった)全国公募をはじめたことです。
わたしはちょうど絵を一気に描き上げていたので、応募してみようと思い、応募をしました。

ところが、衝動的に応募したものの、募集要項の「芸術の専門教育を受けていないこと」という部分に、すぐに引っかかりを感じました。
私は、芸術の専門教育を受けていないことになるのか?受けているのではないか?と。

そこで、既に「わわわ」で作家として活動している如月さんにも相談して、やはりメールで確認してみようと思いました。

ところが、なんだか衝動性が高まって過活動になっている私には、それがとてもわずらわしく、まだるっこしく、感じて、ずるずると無駄に、答えは「メールをする」と出ているのに、なんだか考えていました。

あーあ、和歌山にワープしたい。メールするのが面倒

と、つぶやきました。

すると、同じく活動的になっていた如月さん
「来る?来るなら私も(アトリエ兼カフェのような、「わわわ」のギャラリーに)行く!」
と言い・・・

よし!行くー!

と、土曜のお昼直前、和歌山行きを決め、電車に飛び乗りました。

ごく普通の、「いつもの出かける荷物」を持って。
充電をさぼりがちな携帯の残り、15%で。
かろうじて、靴は歩きやすいものを選び。
幸運にも、前回の遠出のときに念のため準備したコンタクトの予備は、かばんの底に転がして。

うわーーー!!!衝動性こわい!!!

つづく