読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉症スペクトラム。 わわわアール・ブリュット作家です。

A音のビープ

ASD 感覚刺激

運転していてビビるとき

わたしはもともと運転がそんなに好きではないのですが、それにしても時々なぜか「ビクッ」となるときがあるなあとは常々思っていました。

 

それがいつだったか、先日一部解明されました。

それが、

 

ある種のBGMで、歌詞が「なーーー」とか「あーーー」とか、母音がア(A)音で、伸ばす音のとき。

 

なぜか、同時にクラクションに似た「BEEP」というような音を感じてしまい、「え、どこでクラクションなった?」と気になってもどこでもなっている様子がなかったり、単純にびっくりしたりするので、ビビる。

のです。

 

その他、なぜかわからないけれど、BGMのたくさんの音(ひとつの曲、メロディですが、たくさん音がありますよね)の中に、何か砂を噛むような嫌な感じがする時があって、これもちょっとゾクッとします。

 

なぜだろう?

上のようなことをTweetしたところ、『音程がずれた時なのでは?』という説が浮上しました。

確かに伸ばす音のときは、おそらく通常、複数の音が出て太めに聞こえる人の声が伸ばされて、別々の音があるように感じます。だから、ズレが出やすく、ごまかしにくいために、それを感じ取ってしまう、ということはありうるでしょう。

音のズレをどう感じるかはさまざまで、1人の人間の中でもたくさんある場合もあるそうで、砂を噛む感覚になるときも、音がずれている可能性はあるみたいです。

 

ただし、私の耳も音楽の感性もそんなに性能のいいものではないと思うので、どうなのかなあ、とは思います。

そういった音楽的センスとは近い位置にあるものの、別物でもあるでしょうから、可能性はないわけではありませんが。

 

「特定の音が苦手」「音全般が苦手」「音が混ざっているのが苦手」など、さまざまな感覚を持つ人がいますので、そのひとつと捉えて、危なくない程度に付き合っていくしかないでしょう。

 

f:id:kanokomori:20170307195041j:plain