読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

うれしい配慮と物理攻撃のススメ

人事異動の季節です

この時期が苦手な人は、私に限らずでしょう。

発達障害の「変化が苦手」な特性をもつひとは、なおさらその割合が高いと思います。

そこで、ちょっとうれしいことがあったので記録します。

 

席を気にしてもらえていた

異動にともなって、(私の異動はないのですが)、席が変わることになりました。

私は現在、「後ろから声をかけにくい」「自分の後ろでざわざわうろうろと人の気配がしにくい」場所に、席の配慮をいただいています。

「差別しない」みたいなあいまいな配慮よりも、自分も相手もメリットのあるこの配慮が、私は気に入っています。

その席から、どうしても都合上、真ん中周辺に移る必要が出てきたのです。

それについて、できれば「真ん中のどのあたりが良いか」と気にしていただけました。

できるだけ背後からの声掛けが少なく、後ろばかり振り返らなくても良い席を、その中から希望することができました。

 

配慮はさりげなく、あたりまえにが、ほんとはいいよね

と思うのです。それがされていたんだ、ということに、ふとしたときに気がついて、嬉しく思ったのでした。

 

配慮をもらうならまずは「物理」がおすすめ

また、配慮をいただく場合、まずは「絶対にできないこと」「してほしくないこと」の次には、「物理的に、心地よい状態」をつくってしまえるものがおすすめです。

つまり・・・

配慮してもらいにくい:「叱らないでください」「焦らせないでください」系の、「相手の心理を変えてくれ」というもの

配慮してもらいやすい:「耳せんさせてください」「席はここに固定」「名刺全員分くれ」系の、「物理的でわかりやすく、そして、結果的にメリットのあるもの」

 と、こんな感じです。

例えば私が今回書いた「座席」については…

席によって、心地よさって結構違うし、声の掛けられ方も異なります。感覚も。

端っこの席の人に、わざわざ回ってきて背後から声をかけるひとって、なかなかいないものです。そんな面倒なことはしないのです。

ところが、真ん中の席の場合、「後ろから声をかけない」と配慮事項に書いても、「面倒だったり、導線上ヘンだと、やってもらいにくい」です。

そういうわけで、もう「物理的にこうなっちゃう」「それが結果的に配慮されている状態になる」ような工夫を、自分でなり、支援者となり、探るのがおすすめです。

 

今回のうれしい出来事は、きっとこれまでの積み重ねもあり、いきなりみんながみんな、というのは難しいでしょう。本当は、小さい頃からの教育の時点で、そういうことが当たり前の世の中がいいのだけれど。

とにかく、今できることを、できる人が探り、それを伝えていけると面白いかな、と思います。