pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

年度替わりと異動の混乱

職場でパニックを起こす

 以前の記事でも少し触れましたが、私のはたらく部署でも、年度替わりの異動があり、がらりとメンバーや席が変更されました。

morikanoko.hatenablog.com

 いちおう配慮は頂いていたのですが、それにともなう色々な雑務が積み重なり、混乱を引き起こしつつありました。

そして、ついにあるひ、職場で時間通りに仕事が終わらないこと、終わったと思ったら、別の人の仕事がいつのまにか私の所に残っていたこと、もうすぐ苦手な飲み会があることなど、予想外のことが重なり、帰り際にパニックを起こしました。

 

支援センターへ行けた

その日、私には予定がありましたが、大パニックだったため、それをなんとかキャンセルし、支援センターへ急遽向かいました。

これができたことは、とても大きいことです。自分を褒めようと思います。

 

そこで、わーわー泣きながらも、ここ最近の変化の多さや、仕事の忙しさを話しました。

そうして、センターの方から、「いつの間にか配慮がなくなってきているので、もう一度お話をしましょう」と結論をくださり、職場に連絡を入れてもらうことができました。

また、自分では飲み会のキャンセルがどうしてもできなかった(「断ること」「既に決定したことを自分で覆すこと」は容易ではありません)のですが、会のあいだ、そっとしておいてもらえるように、という連絡もしてもらいました。センター側から欠席連絡をしないのは、「私が自分でするように」ということなのでしょう。けれども、私にはどうしてもできませんでした。

 

上司と面談ができた

後日、上司と面談し、今私が行っている仕事をリストアップし、整理してもらいました。

すると、やはり多すぎる、また、人との関わりが多すぎる、管理業務の負荷が高いことがわかりました。

それらは、各個人に還元し、私の仕事を減らしてもらうことができました。

また、飲み会もその場で欠席ということにできました。

さらに、席を、もとに戻してもらいました。

ほっとしたのと、再びパニック状態を思い出して、涙が出ました。

少しだけ休んで、頑張って仕事に戻りました。

やっぱり自分を褒めようと思います。

 

「何かあったら、言ってね」の難しさ

面談では、「こういう事があったら、言ってくれていい」と何度も言われました。

私も、そのとおりだと思います。

けれども、日々の仕事に追われ、さらに多くの仕事に追われる上司に、それを伝えることの、何と難しいことだろう。

そして、どの程度のことは伝え、どの程度のことは耐えるべきなのか、どう判断するのだろう。

我慢すべきことや、愚痴って終わるべきことも、溜め込んでしまう私は、どうしたらいいのだろう。

私には、とても難しいことだな、と思います。

それができること、つまり、「セルフモニタリング」ができ、「つぶれる前にヘルプを出す」ことができること、が、一般雇用であれ、障害者雇用であれ、一般の企業で働く上でかなり重要であることは理解できます。

しかし、私にはそれがあんまり難しいことで、今、それをどうしようか、少し困っています。

 

けれども、そのために支援センターを入れてもらっているのではないか?という気もします。

もしかしたら、センターが入らないとできない、のは、私であって、組織の問題ではない、ということが、認識されていない可能性があるかもしれません。そこは、認識のすり合わせが必要だと、思います。煩わしいかもしれませんが、私にはそういう方法しか、おそらくできず、今後も、こういったやり取りが発生する可能性があることを、きちんとわかってもらわないと、いけません。それは、私の問題で、配慮できていないからセンターが介入するのではなく、配慮として、センターに噛んでもらう、ということの、理解をもらわないといけません。

 

また面談はあるので、その時にでも話してみたいと思います。

落ち着いて話すことができるのか、不安ですが、必要なことです。