pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

支援センターに行きました

「障害者バレ」の件の報告

morikanoko.hatenablog.com

 この記事のことを、一応報告しておくために、支援センターに行きました。

f:id:kanokomori:20170821164311j:plain

事前にかんたんなメモを作っておいて、話すことをごまかしてしまって後からモヤモヤしたり、話す内容を忘れてしまわないようにしました。

 

ちゃんと話ができました

ついでに、心理士さんの異動の件も、なんとかなりそうなことも報告しました。

どちらも、ちゃんと話ができて、良かったです。

支援員さんは、フロアの人に私が障害をもっていることがばれていたことについて、「え?!」と驚いていたようです(正直、はじめから「名乗り」の件は指摘しようか悩んだ私にとっては、この反応は驚き・・・)。

 

どうやら、会社側には最初にセンターが入って、私の特性について説明してあったようですが、その後、誰にどこまで伝わったかはセンターにも不明であるみたいで。

その後、異動などもあったので、現状がちょっとモヤモヤする状態のようです。

 

かといって、現在、フロアの人たちは、わりとうまく私に対応してくれているので、ここで、改で説明に入ったり、状態を尋ねるのもなあ・・・中途半端に隠すのもなあ・・・・という状況で、結局報告するだけにとどまりました。

ただ、やはり、どう伝わっているのか、周囲が察しているだけの場合「心の弱い人」のような捉えられ方をされていたら、いやだなあと思うことは、支援員さんに伝えました。

支援員さんからは、上記については概ね賛成してくださり、その上で

 

  • センターは、いつでもどんな内容でも、来て話してくれてよいこと
  • いまは安定しているようだけれど、これから、もりの心持ちや、職場の変化次第で、もやもやしたら対応できること
  • センターの名前を出さないで訪問してほしい場合、可能であること

 

と言ってもらえました。

私の心持ちやもやもやが変化したり、職場の環境が変化することは、わたしは全く考えていなかったので、「なるほど」と思いました。細々したところまで想定してくださり、対応してくださって、非常にありがたいです。

 

いい表情ですね

支援員さんから見て、今回の私は、いい表情で安定しているように見えて良かったということもお話してくれました。

確かに、今までセンターに行ったときは、もっとひどい状態だったので、いい状態で、きちんと支援員さんとお話ができて、なんだか感慨がありました。

 

医療や福祉とも、ゆるくつながりつつ、いい感じに過ごしてゆけるよう、落ち着いて、焦らず歩もうと思います。