pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

過食・異食の自己刺激?

へばっています

ここ最近、特に今日は、心身が上を向いてくれずへばっています。やたらに不調です。

 

過食・異食

わたしは仕事から家に帰ると、必要以上におやつを食べたり、時には調味料や「お茶漬けのもと」なんかを「いらない」と分かっているのに食べてしまうことがよくあります。

食べたくないと分かっているし、気持ちが悪くなって寝込むのもわかっていて、やってしまいます。

おやつの場合、特にすごく硬いおせんべいや、グミがひどいです。調味料の場合、辛いもの・酸っぱいもの、しょっぱいものがひどいです。

 

なぜ、こうなってしまうのだろう?

原因を考えてみました。

  • 切り替えのできなさを「食べる」という行動(刺激)で補って、仕事モード・お外モードのしんどい状態から脱しようとしている
  • 自己刺激。身体感覚の薄い自分の存在をはっきり認識するため。
  • 特定の栄養不足。(ただし、食生活は家族とおなじなので、そこまで変ではないはずで、バランスもそれなりにとれているのではないか・・・→ゆえに、私の過食や異食は特性も絡むかもしれない。)
  • 体の疲れ、ストレス。
  • 退屈にたえられず、食べるという簡単で刺激的な方法をとってしまう

こんなところが混ざっているのではないかと思います。 

f:id:kanokomori:20170831184756p:plain

解決策は?

  • 切り替えの方法を健康的なものに変える(ブログを書いてみるとか、散歩をするとか)
  • もう少し安全な自己刺激を思い出せるようにする。
  • バランス良く食べる。
  • 疲れていてもできる「ひまつぶし」を用意する

先の箇条書きが過食や異食の原因だとするならば、このあたりでしょう。

ただ、すぐできるものではないので、やっぱりうまく付き合って、そこそこ飼いならす必要がありそうです。

 

この行動は、後悔し、体を壊すだけなので、早くやめたいです。

しかし、こういうことをしている人・やたらに酸っぱいものがほしい、というような状態はわりと検索に引っかかるので、あまり自分を責めないようにしながら、いこうと思います。