ストラテラと受け入れ体制

足りてなかったかも

ここ最近の不調で処方が増えたもりです。

現在は

 

・朝 ストラテラ40 エビリファイ3 抑肝散

・昼 抑肝散

・夜 ストラテラ40 サインバルタ20 抑肝散

・寝る前 デパケン30

 

という処方です。

朝のストラテラと、寝る前のデパケンが増量になっています。

まだまだ様子見ですが、火曜日現在、ある程度落ち着いて過ごせています。

 

興奮して自分で自分を混乱させるようにわーっとなったり、気持ちの波が大きくなっていないのは、たしかにストラテラデパケンの効果っぽいです。

また、一日中なんとなく喉に違和感があり、両足にきちんと形状と体重を感じやすくなりました。アーテンもどうやらなしで(今日は)過ごせました。アーテンに関しては「なんとなく安心したい飲み」をしないように注意です。

そして、これはどうもストラテラっぽいので、てことは今まで、効果があるにはあったものの、ストラテラ足りてなかったっぽい気がします。これ以上必要なのかはわかりませんが、まあそこはぼちぼちでいいでしょう。

 

受け入れ体制がスゴイ人たち

今日仕事をしていて、ふと思ったことです。

仕事を頼むときに、私に何かを依頼する際、けっこう多くの人が、「今話しても大丈夫?」とか「今はいっぱいになってないですか」とか、聞いてくれていることにふと改めて気が付きました。

知ってはいたのですが、改めて、「あ、これ配慮してもらっている結果だな」と気が付きました。

普通にこれができる同僚たちはもしかしてけっこうスッゴイ人たちなのではないか・・・。

私がもうあからさまに不安定になるからというのもあるでしょうが、それも受け入れつつ、一緒に仕事をしてくれる(避ける人もいるじゃないですか、きっと。いっぱいいっぱいになると泣き出す子どもみたいな大人と仕事するなんて、ねえ・・・)というのは、やっぱりスッゴイ。

 

なんていうか、私が人に恵まれすぎているというのもあるのですが、人間の許容量ってスゴイ、ひとってやさしいものだなー、などと感じる仕事終わりの時間なのでした(わたしは短時間勤務です)。