pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

リ・セット

ようやくの決着

臨床心理士さんとのカウンセリングを終わりにしました。

 異動関連の記事はいくつか書きましたが、ようやくの決着をみました。

morikanoko.hatenablog.com

 

経緯あれこれ

書ける範囲でフェイクを入れながら経緯を書いておきます。

心理士さんとのカウンセリングは、2年位続いていたでしょうか。

最初は、大きい男性でちょっと心配でした。

けれども、発達特性に非常に理解のある専門の方で、けっこう早く安心する事ができました。たくさん「変で素敵な」カウンセリングをしてもらって、私は2年の間に非常に落ち着くことができました。

その心理士さんが、異動することになり。

私はかなりパニックになりました。

そこで、異動後も医療と連携しつつ、心理士さんがフォローに入るという形で、少しの間カウンセリングは続きました。

 

ところが、私の調子は崩れました。

季節的要因などもあったでしょうが、やはり変化についていけなかったということもあるのだと思います。

 

主治医の先生とも相談して、一度情報をシンプルにすることになりました。

いろいろな人にサポートしてもらえるのは良いことですが、それは「いろいろな人からいろいろなことを言われる(もちろん連携はとっているのですが・・・)」ことにもつながり、私の場合刺激が過多になることがあります。

そして、私は2年の間にとても理解のある方だったということがあって「この人じゃないとダメ!」状態に陥りかけていました。それは非常に良くないことです。けれど、理解のある人とじっくり話ができないのはつらい。非常になやみました。

ということで。

 

「しばらくは、ぼくとだけお話しましょう。心理士さんにはぼくからもいっておきます。決めました。」

 

主治医の決定が出ました。

はっきり情報をカット・整頓してもらったことで、さみしさはありましたが、かえって安心しました。

こういうとき、「0か100か」特性があると、後悔したり引きずったりすることが非常に少なく、ちょっといいです(笑)。(普段は、急に関係を切ってしまったり、急に登校をやめたり等、困った特性ですが)

 

そういうわけで、今に至りました。

 

青木先生の懸念

「光とともに」という、自閉症児を育てる漫画があります。

その4巻で、自閉症児の光くんを、とても理解してくれていた先生が異動になるエピソードが描かれています。

そのとき、その先生(青木先生といいます)はこんなことを話します。

「ボクだけが囲い込んで、光くんを理解してサポートし続ける、べったりの関係は良くない。」

というようなことです。

光くんをはじめ、支援学級の母親たちは、青木先生の異動を阻止したいわけですが、青木先生はそう言って、出来る限りの引き継ぎをして、去ります。

 

今回の私のエピソードにそっくりで、ああ、そうだよなあ。そうなんだよなあ。と、なんだか感じ入ります。

 

www.amazon.co.jp

 

良い決着だった

最後にごちゃごちゃと調子を崩したり、なんだりということはありましたが、主治医も、看護師さんも、心理士さんも、ケースワーカーさんも、出来る限りのことを(いつものがら)してくれました。わたしも、悪あがきをしながら、自分の道を歩むために模索しました。

がんばってがんばって、こういう結果になりました。

良い決着だと思います。

 

ちなみに投薬は、なんとストラテラがまた増えました。どうやら私の頭は、私が思っている以上に雑音が多くて忙しいみたいです。

また、しばらくは主治医との診察だけですが、必要に応じてカウンセリング等の支援を「足していく」可能性はあります。もういちど、シンプルにして、わかりやすくするための措置です。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

これからも、あがいてあがいて、歩んでいきます。