才能ってなんだ?

診察でした。

診察でした。

今日は、ツイッターのまとめと、職業センターと一緒につくる引き継ぎ書のたたき台(会社側に伝える特性の説明書を、はじめより改良したもの)を見せました。

これといって問題になっていることはなかったですが、つぶやいてあったトピックに触れてお話をしました。

そのあと、主治医は言いました。

「こういうつぶやきも、まとめて文みたいにしたらいいのに。」

「あなたは文章や絵で他人に説明するのがとてもうまい。そういうものがあると、あなたはコミュニケーションがぐんとスムーズになる。発達障害者の全員がそういう才能をもつわけではないし、あなたはコアなアスペルガー(主治医の見解では)だから、軽度の人にも重度の人にもある程度参考になるものができるのではないか。読んでいて面白い」

というようなことです。

最近の主治医はわりとこういうことを言うのですが、嬉しいもののあまりピンときません。自然にやっていることってわからないものです。

ただ、今回嬉しかったのは、「発達障害者が全員才能があるわけではない」ということを、主治医が理解していることがわかったことです。

これはとても大事なことで、「発達障害?ってことは数学がすごくできるの?」とか、そういうことを思われては困るのです。

障害はあくまでも障害であって、それ以上でもそれ以下でもない。

なにもかもを障害に結びつける必要はないし、そうすると、誤解が生まれやすくなるのではないかなあ、と思います。

障害は障害だし、才能は才能。

関連していたとしても、それを強調することに、とりあえず今の私は意味を見いだせていません。

 

才能と障害

才能って、「その人自身のもの」であって、切り離せないものだと思います。

「障害があるから才能がある」っていうのは、なんだか全部に対して失礼だなあ、と思います。

 

障害も、「その人が常にともに生きていかねばならないもの」で、特に精神の領域だと、切り離せないことが多い気がします。

自閉症者のジョークで、「with autism」とか、「have autism」という言葉に対して「自閉症は今日はおいてきたんだ」「自閉症ならスーツケースに入れて持ち歩いているよ」なんていう皮肉があるそうです。「そんなことできるわけないだろ」、というわけです。

"I don't have autism. I'm autistic!"

なんていうことばもあると知りました。知って以来、わたしの中で、この文がはやっています。これは日本語訳するのは難しいです。「私に自閉症があるんじゃない、私は自閉者なんだ」といったぐあいでしょうか。やっぱり、「自閉症と私は切り離せないんだ」ってことです。

 

どちらも本人と切っても切れないようなものなので、ぐちゃぐちゃになってしまうのですが・・・

どちらも「その人自身」と密接に結びついているのであって、他のもののせいだとか、他のものが原因だとかいうことではないと思います。あくまでも、すごいのは、その人。困っているのは、その人。なのではないかなあ。

周囲の人が、当事者の特性に困っている、ということも、あるにはありますが、それはそれで、その「周囲の人」自身の困り、として捉えたらいいのです。もちろん、そういうものは環境との相互作用なので、「その人が悪い」と言っているわけではなくて、ということです。「本人を尊重する」という意味において、「困り感は本人のもの」だし、「才能も本人のもの」なのです。

 

障害や才能をどう解釈するかは人によって違っていいと思います。

ただ、こう思う、という覚えとして、今の気持ちを書いておきました。

前回このテーマで書いた時よりも、ちょっとまるくなったな、と思います。

 

morikanoko.hatenablog.com 

morikanoko.hatenablog.com

 

ほめられるのはやっぱりうれしい

結局、私は文を褒められて、うれしかったから、こうやってまたブログにしているんでしょう。と、ここまで書いて思ったのでした。

できることや楽しいことを、できる範囲で、時には飛び出してやっていけたらいいかもしれません。

 

なんだか少しゆううつな夜ですが、のりこえていかねばなあ。とりあえず、とりあえず、と思いながら、進んでいったら、いつのまにか過去になることだってあるかもしれない。