pluie de météors

もりの思索について綴ったものです。 自閉スペクトラム症。 わわわアール・ブリュット作家です。

減薬チャレンジはじめます。

※これはあくまで「もりの場合」の話です。服薬に関しては自己判断せず、主治医や薬剤師さんと話し合いましょう※

うっかり事件・大ショック!

発端は、最近あったうっかり事件です。

 

あるかなり激ヤバ(公開もできないレベル・・・)のうっかりを指摘されました。

全く気がついていなかったので、指摘していただいてとてもありがたかったし、結果的になんとかなったのはよかったのですが。

 

これはちょっと、不注意がひどすぎないか。

下手したらものすごくおおごとになっていたのではないか。

 

と思いました。

 

コンサータ、どうなんだろうか

f:id:kanokomori:20180113170712j:plain

そういうわけで、自分の不注意が気にかかるようになりましたが、すでにストラテラ(不注意などADHD症状に効くお薬のひとつ)は最大量飲んでおり、インチュニブ(これもADHDのお薬)は小児のみの適応です。

そうなるともうひとつは、コンサータ

わたしのクリニックはコンサータ処方ができ、また主治医から以前に「もりさんならコンサータためしても良さそう」という話が出ていました。

 

ところが、このコンサータ、「重度のうつ」には禁忌になっているようで、今飲んでいるうつのお薬をやめなくてはならないので、前には服用をしないことにしたお薬でした。

 

うつの薬が切れるのは怖い。

でも、うっかりおおごとになって、人に迷惑をかけるのも絶対嫌だ。

 

本当は、うつをしっかり治してから考えるべきなのだろうけれど…

「不注意や衝動が原因」で気分の落ち込みが出るとなると、いつまでもうつは治らない。

それなら、原因の方を先になんとかするのも手かもしれない。

 

そう思いました。

 

少しずつ減薬スタート

そこで、主治医にコンサータを試したい旨を相談し、主治医も了承してくれました。

一緒に使えない薬は、一気に減らすのは危険ということで、少しづつ減らし、完全になくなったところで、コンサータ処方となる予定です。

 

気分の変動が出るだろうと思うので、よく自分を観察しながら、少しづつ頑張ろうと思います。