できてなかった!金銭管理

衝動買いからの限度額超過

書くのも胃が痛いくらいの事件なのですが…

先回のカウンセリング1回目の支払時に起きました。

morikanoko.hatenablog.com

エラー!!!

カードのエラー、おそらく限度額超過。

 

その後、なんとかしてなんとかなりましたが(本当に各所にご迷惑をおかけしました)、その間は本当にひどい気分でした。気が狂うかと思いました。自業自得、身から出た錆なのですが。

できているはずだった管理

ちょっと前に、ケースワーカーさんと「金銭管理もできてますもんねー」という話をしたばかりなのに、このありさま。

どうしようどうしよう、と、眠れぬ夜に色々と検索しました。

そうしたら、わかっているようでわかっていなかった知識がたくさんあることに気づき、この大失敗でそれをやっと「自分の知識」として生活できる可能性が出てきました。

以下、小見出しにて、できていなかったことと、その対策です。

カードの仕組み

恥ずかしながら、かなりどんぶりに、「使った分より多めに数える」ことで、なんとかしていました。

ところが…

「注文したら即、引き落とされる訳ではないこと」

「使える額は、月々ごとに決まっているわけではないこと」

が判明。

おそらく大人の皆さんには常識なのでしょう。勉強しました。

利用料のわかるカード会社のアプリを入れ、月々の締め日と支払日、その間の日に限度額を超えていないかどうかわかるように、簡単なメモを作りました。

これで様子見です。

必要/欲しいの区別が曖昧

私の中で、「必要なもの」が、「本当に必要なのか」がよくわかりません。そして、「欲しいもの」がすぐに「必要なもの」にすり替わってしまいます。そして、最終的に苦しむ。これに関しては、今のところ答えが出ていません。

また、「使わない」となれば「ストレスで苦しいくらいに使わなさすぎる」「使う」となれば「やたら使ってしまう」ようにも感じます。「ほどほど」が難しい。

お店でパニクる・断れない

お店で話しかけられると、うまく断れません。

また、急にお金が必要になったり、うまく手先を動かせない、現金が思ったより足りない、といったシチュエーション(それも管理すべきですが)でパニックになり、とにかくその場を切り抜けようとカードを笑顔で出してしまうことがある。

また、謎の衝動で、額の大きい買い物をしてしまうことがあり、それが何故なのか、ほんとうにわからない。

 

と、こんな感じです。

解決しているとは言い難いですが、文字にして記録しておくことにします。

また診察等で相談してみようと思っています。

頭の知識と生活知識の乖離

文字列の知識としては存在するのに、実感を伴わない感じで、失敗してから「わかっていなかったことがわかる」という感覚がすごくいろんな場面で出てくる気がします。「自分は何かが欠けている」「何も知らない自分」というセルフイメージの片鱗でしょうか?

金銭管理以外のところにもこういうことが結構ある気がします。実際、色々なことに親を巻き込んでいる(年齢不相応)し、最近あった結婚式の振る舞い等も幼馴染が全部やってくれました。自分のばかさかげんにあきれてしまいます。本当に不思議です。

困っています。

f:id:kanokomori:20181112225736p:plain