Knops到着

「耳につけるボリュームボタン」

wired.jp

クラウドファンディングに出資していた「knops」が届きました!

いまはamazonでも買えるのかな。

f:id:kanokomori:20181227094544j:plain

「knops」とは、完全アナログ耳栓で、「一つの耳栓で3段階のボリューム調節ができる」というもの。リング部分を回して調節します。

f:id:kanokomori:20181227094603j:plain

外に出る部分が思っていたより大きいですが、つけることができました。

肌馴染みがよかったのはゴールドリングだったかも。

家でしか使っていないのでまだあまり実感していないかもしれませんが、音楽をかけてためしてみたところ、3段階の調節もできているよう。掃除機もかけてみました。良い感じです。

多少、ごそごそはするものの、完全アナログ耳栓であるため、「サー」というホワイトノイズはありません。デジタルものより、長くつけていられるかも。充電の必要もありません。また、機械音以外もそれなりに小さくなります。

 

これまでのものものと同様、完全というわけではないし、耳が圧迫されることはされます。シチュエーションによって外したり、別のものを使ったり、といったことはやるほうがよいかもしれません。

 

自分が一番疲れないやり方・自分のやりたいことが十分できる方法を模索、「疲れによって行動の幅が極端に狭まる」ことが減るといいかな、と思います。

 

もはや便利なものを使ってみる趣味、みたいになってきているふしがありますが、そろそろ耳関連は充実してきましたので、この辺りで出費をうちとめたいところです。耳栓ひとつで完璧超人パワーを得ることは不可能ですので、これ以上の期待はせず…

 

とはいえ、色々な技術が開発されて、便利に楽になる可能性があるというのはとてもいいことだなあ。

今気になっているのはこちらのコンタクトレンズです:

tabi-labo.com

これもかっこいい。続けられるお値段で日本の田舎でも発売されるのはいつかなあ。