体力ゲージがわかる?「vivosmart4」

自分の体力ゲージが見たい

パニックにならなように、急にダウンしないように、いろいろ対策してはいますが、結局思うところはこんなところです。

「体力が見えればいいのに」

「パニックの前に通知が来ればいいのに」

 

先日ふとそんなことを思いながら調べていたら、こういうデバイスを見つけました。

www.garmin.co.jp

f:id:kanokomori:20190202080923p:plain

おお!まさに「体力ゲージ」じゃないの!(これがこの機種のウリのよう)

しかも「ストレス計測」」を含んでいる。

 

というわけで、大きな電気屋さんでいろいろ比べてから、購入してみました。

 

すごいかも!楽しいぞ!

f:id:kanokomori:20190202090024p:plain

 

というわけで、こんな感じです。

つけ心地

腕につけた感じは思いの外やわらかくできていて、腕時計が気になってすぐはずしてしまうわたしですが、1日つけていられました。他の製品と比較してもけっこう良いつけ心地なのではないかと思います。

機能(イラスト参照)

機能はイラストのような感じ。

他にも深呼吸の練習機能があったり、登った階数、睡眠分析など、一通りの活動量計がもつ機能はあるようです。

バッテリーは最大で7日持つようなので、だいたい休日になったら充電すればよさそうです。毎日の充電が増えるのはいやなので、これはありがたいところです。睡眠時も計測したいですしね。ただし、スマホの充電は少し減りが早くはなりそうです。モバイルバッテリーや充電器を持ち歩きたくない人は、そのあたりを調べたりする必要があるかも。

ストレスの計測は「心拍数」からのよう

ストレスの計測については「安静時の心拍が高いと、ストレスが高い」と判断されるようなので、「鬱」よりは「パニック」的なストレスを捉えやすいのかな?「ストレスで心臓がドキドキする」タイプの人に合うのではないかと思います。一方で「鬱で体が重い」みたいなものは、どの程度反映されるのかちょっと疑問です。そのあたりは自分の主観とも相談しつつ、無理しないほうがよいだろうと思います。

睡眠などのいろいろな計測も、レビューを調べると人によって「あっている」「違う」とさまざまだったりするので、そのあたりはある程度覚悟して購入したほうがよさそうです。

 

使うことでその人の平均的な状態を覚えて、それをもとに色々と通知したり計測したりしてくれるようなので、使い込んでみたいと思います!