ANAの障害者対応がすばらしい

ANAさん、ありがとう

f:id:kanokomori:20190802164000p:plain

北海道旅行の際、行き帰りはかなり早めに空港に行くことにしました。

「うまく飛行機に乗れるかとても不安」だからです。

そこで、帰りに利用したANAさんの対応がとてもすばらしく、助かったのでお礼を記事にしようと思います。

 

ヘルプマークに気づいてくれる

最近は少し認知度が上がっているであろうヘルプマークですが、ここまでスマートな対応をいただいたのは初めてでびっくりしました。

とても自然に「何かお手伝いできることはありますか?」と聞いてくれたのです。

その言い方がすごく自然で、「時間をとらせて悪いかな」とか、そういった後ろめたさのようなものを感じることなく、不安なことを質問することができました。

感覚過敏への対応

その後、少し空港を歩いていたら、感覚入力が過多になってしまい、頭がいっぱいで涙目になってきました。

友人の助けがあり(本当にありがとう)、担当の方に連絡が行き、別室を用意していただきました(これはいつでもあるわけではないようなので、必要な場合は要相談だと思います)。

その後のフライトも、人がなだれこまない時に乗せていただき、席を静かな席(隣が空いていました)にしていただいたり(これもいつでも、というわけにはいかなさそうです)、耳栓はあるか、お薬はあるか、といった細々とした確認をしていただいたり(耳栓などは少し用意もあるみたいです)しました。

ここまでしていただいていいのかな?!と思うくらい、本当に丁寧で、すごく安心しました。

 

ANAさん、本当にありがとうございました!

 

ANAさんはとても障害者対応がきめ細かいようで、ウェブサイトもすごい

www.ana.co.jp

お友達みなにも、ありがとう

旅行中、感覚過敏に気遣ってくれたり、上記の対応を申請してくれたり、ホテルでも過敏対応について交渉してくれたり、…というのは、すべて自分では行うことができず、現地の友人たちが行ってくれました。

一人ではこんなに安心して旅行できなかったと思います。本当にありがとう。

 

もちろん、自分のコミュニケーション力や、伝える工夫をしなくちゃなあ、とも思います。自分がここまでしんどくなることを想定できていなかったのも原因です。

うまく助けを借りながら、できることは、力をつけていきたいなあ。

 

 

morikanoko.hatenablog.com