カウンセリングを卒業しました

数ヶ月前からそうするべきだな、と思っていたのですが、このたびカウンセリングの枠を卒業しました。

 

なんとなく大丈夫な感じがしたからです。

 

実のところこんなに急な卒業だというのは少々意外で事情があるからなのですが、それはそれとして、なんとなく大丈夫だという気がします。

心理士さんも、以前一度卒業したときは「なにかあったらまたお声がけください」というような言い方だったのですが、今回は「もりさんなら大丈夫だと思います」と言いました。

 

急なことで時間がなかったのでかなりさくさくと近況などを話したのですが、それがかえって良かったようでもあります。

 

COVID-19感染症に関わる不安

これについては一応報告として、それなりに負荷があり、主に経済的な不安を要因として「家族がひどいめにあって帰ってくる・または帰ってこられない」という想像を頻回にしてしまうことを伝えました。

ただ、まあ、どうしようもないことも自分でわかっており、それなりにやり過ごして、楽しいことでできることはがまんしないようにしています。

 

治療すること、介入すること

それがその時点でどんなに自覚的であろうと「あなたをわかっていますよ」「私は”普通”側で、あなたは”普通じゃないから直される”側ですよ」、という「分析の侵襲」をはらんだ暴力性のあるものであるということの自覚について。

ただ、ある程度介入してからでないと「意味以前」というものを認識するには負荷が大きすぎることもあるというところが難しいな、と話しました。いまの社会で本人が死ぬ前に社会が本人に完全にフィットすることはないであろうことを踏まえたストラテジーとしての適応というのも、ラクするために必要であって、うまくスイッチするにはけっこう認知的な体力・胆力(本当に体力として必要だと思う)が必要でもあるし…。

 

「治療されない私」にもどる時間を作っている

これは少し言葉を尽くしました。

認知をとっぱらう、言葉を、りんかくをとっぱらって、いわば「ものすごい感覚の嵐のなかに、あえて自分を放り込む、というより、自分さえも輪郭はなくなり、存在しなくなる状態に置くこと」を、時々やること。

そうしなければ、どんなに社会に適応しても、私にとってすべて生きている意味がないと感じることを。

かんたんにすることは、すごくきもちいいけど、すごく、自分にとって一番大切、がこぼれ落ちて不快であること。

こんなことをあえてするのはすごく変かもしれない、ばかばかしいかもしれない、適応できるならしちゃえばいい、苦しまなくていい、という考えだってある。

でも、適応すると私は悲鳴をあげてしまうんです。「苦しくない!死にたい!」って。

なんにもないからぜんぶあることに、さらされなくては、と思う。

それは自分の中の差別に抗い続けることにも似ているし、感情の言語化ができない、知覚統合が弱いことにも類する。

 

それを無理に「治療」しようとしないで、ある程度そういうことができる余力があるように調整するのを、支援者さんたちには、手伝ってほしいと思うこと。わたしはふつうのひとだけれど、狂ってしまうことをやめないという選択をしていて、狂うことで狂わないようにしている、狂うことで、消えることで、死なないようにしていることを、理解できなくても、知って、そのままにしてほしいと思うこと。

 

私は偉い話

心理士さんより:「あなたのような人が学校を出て、なんとかお金を稼いでいる、というのはものすごく大変なことだと思います。とてもすごいことです。」

 

インチュニブとメラトベルはかわいい話、今後どこでする?

インチュニブはフォントがかわいいし、メラトベルは芽が出てるベルでかわいい、と話したら「インチュニブはグアンファシンのことだから、僕らはGXRと略称していて、だからバイクみたいだと思ってた。そうとるのかー、かわいいかー」と言われた。急にフォントが角が立ってごつくなる!

…と、こういう「発達障害の知識が必要で、構えずに、でも悲観せずに、当事者性ともまた違うかたち」で、いろんな愉快な話ができる場、今後も持ちたいと思います。こういうのが私は楽しいと思うから。

これはちょっと課題です。

いまある関係を十分に楽しんで、かつ新しい関係を増やすのは体力的にけっこう厳しいので、なかなかどうして、といったところ。

こういう話したいひと、どんどんしてください〜。

 

「なんにもしないで月々小金がほしい」の曲

これはカウンセリングでは話しませんでしたが、この曲を歌って踊れる自分、というのがかなり「うまくやれている」ポイントになっているきがするので一緒に記録しておきます。すなわち、

・いやいや働いていることを素直に表現できること(「たのしい!」と感じなくてもいいよ、ということ)

・自分の気持ちを、道徳的でなくても、「わたしすき、わたしきらい」と独り言でも口に出せること

というものです。

小難しい技術よりむしろしんどい部分がありますが、その分効果はばつぐんに出る可能性があります、私にはよく効いた気がしています。証拠はひとつもないけど。

 

いろんな話を早回しでして、心理士先生はそれを「はっはっは、いいねえ、もっとやれ〜」と笑って聞いてくれました。

 

いやー、きっと大丈夫です。

言えないもろもろは心に留めつつ、卒業!

2020年5月の生活アップデート

ここ最近、複数の生活改善ができて嬉しいので記録しておきます。

「生活アップデート」「生活改善」という言葉は、はてなブログツイッターで拝見させていただいている呉樹直己さんが使用しているものを使わせていただいています。

www.infernalbunny.com

 

3点導入しました。

ニトリのU型抱き枕を導入

 

f:id:kanokomori:20200516075403p:plain

自粛ムードの中でアマゾン・プライムビデオをよく利用するようになり、ベッドをソファ代わりにしてiPadで動画を見ることが増えました。

今まで以上に抱き枕が欲しくなったので導入。

 

U型抱き枕、「包まれ感」や「重み」が常にほしいタイプにはおすすめです。

ただしものすごく大きいので注意。人体くらいには大きいです。しかし、ゆえにかなりの包まれ感があります。

www.nitori-net.jp

f:id:kanokomori:20200516075406j:plain f:id:kanokomori:20200516085049j:plain

犬も気に入った様子。

 

2 リモコンの居場所を作成

 

f:id:kanokomori:20200516075429j:plain f:id:kanokomori:20200516075427j:plain

f:id:kanokomori:20200516085010j:plain

ベッド横、私のリモコン史上最高の立地を確保。

もともと自室の入り口にリモコン付属のケースを設置しているのですが、付属ケースは

・取り出しにくい

・穴が空くので位置変更しづらい

・結局ベッド等で使うため、リモコンをなくす

・または、なくしたくないからリモコンを使わなくなり、エアコン等をあまり使わなくなることで体調に支障が出る

というデメリットがありました。

たまたま調べていたところ

粘着式のマジックテープをリモコンとそれを設置したいところに貼る」方法を発見したので早速導入しました。

上記のデメリットが改善され、さらにリモコンの床置きや机置きをしなくてもよくなり、空間が少しあきました。

さらに、「受け皿」になる方のテープを広く取ることで、複数のリモコンを適当に貼ることが可能にしました。

一つ一つのサイズに合わせて置き場をつくると、「きれいに貼れていないとむしろ気になる」「リモコンがないとき、たくさんテープが張ってある見栄えが悪い」ためです。

 

3 Amazon AlexaとNature Remoのアクションを改良

 

f:id:kanokomori:20200516075433j:plain f:id:kanokomori:20200516075436j:plain f:id:kanokomori:20200516075440j:plain

生活実態に合わせて、これまでも使用していたAmazon EchoとRemoの定形アクションを使いやすくしました。

わたしは照明を完全に消して眠れないため、「常夜灯」がAlexaで使えるようになっていて嬉しいです。

また、アクションするデバイスとして「このデバイス」つまり、「自分のスマホ」を選択できるようになっていることに気づきました。

自室を離れている時間帯に予定をスマホから流せるように導入しました。スマホの画面にも予定を表示してくれるため、聴覚のみでは聞き流してしまう事がある私には合いそうです。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

  • 発売日: 2019/11/14
  • メディア: エレクトロニクス
 

 「めんどくさい」「こうなればいのに」と思ったとき

気が向いたら、そのめんどくささを楽にして頭と体のコストダウンをはかり、その分やりたいこと、楽しいことができるといいな〜と思います。

鼻持ちならない話をします

私の力が及ばなくて、黙っていられないから、私の話をしようかな。

 

「空はどうして空という名前なの?海じゃだめなの?」

「私が赤だと思う赤は、本当に赤なの?他の人の見ている世界は私と違う、他の人にも、頭がある、目がある。怖い」

そういう幼児でした。

親がうんざりした顔で「知らん、神様が決めたんだ!」と言ったのを覚えています。

 

ああ、ああ。つらい。と、言葉にならず、思った。

 

本を読んだり絵をかくことはずっと好きだったけれど、宿題はできなかったので、三年生の漢字テストは30点でした。小学校の高学年になって、友人の影響で、どうも、勉強というものが楽しいらしい、ことを知りました。

 

運が良かった。

パニックになった私に筆談を教えてくれる友達がいました。

なぜか知らんが、お勉強ができました。

でも、何かが決定的に自分は欠陥だというような、言葉にならない気持ちが常にあった。

気持ちを抑えられない。中学生になっても、矛盾した先生の言葉に耐えられなくて学校から出ていってしまう。

お勉強は、できた。

 

「何言ってるのかわからないね」

「頭いいからって自慢しないでよ」

「できない人の気持ち考えたら?」

「本当にかわいくないね」

「屁理屈」

「新しく知る喜び」を外に出すことは、憎まれる。

 

それでも運が良かった。

「英語で覚えたこと」を使って冗談を言って遊んでくれる友達が、いた。

ピタゴラ体操」を本気で遊んでくれる友達がいた。

創作をして、インターネットで繋がってくれる友達もいた。(インターネット老人!)

 

早く、田舎を出たいと、それでも思っていた。

それと同時に、私はこのいわゆる「偏差値の高い友達」に「遊んで頂いて」いるばかりでもダメなのでは、とも思ってた

 

いわゆる、進学校に行かなかった。

 

またもや運良く、それは私にあっていた。

 

基礎をじっくりと証明してくれる先生、本を沢山読ませてくれる先生。

やっぱり高校でもパニックになって授業を拒否する私の「理由」をちゃんとわかってくれていた周囲。

驚くほど運が良かった。

 

学ぶことがとても好きだった。

それでも、やっぱりとにかくここから出たかった。

 

それは少し叶った。

数年、少し都市部の大学に行った。

 

生活はめちゃくちゃで、友人が私の時間割を把握して教えてくれたし、親は定期的に掃除しにきたけど、とてもとても楽しかった。

 

いわゆる「文化的な遊び」的なものに、少し触れたような気がした。

ジャニーズや、アイドル以外の文化に触れた。

美術館が近くにあった。

 

多分他の大学生に比べたら全然遊びを知らないけれど、私はとても大学を好きになった。

 

大学を出た後のことは、先が真っ暗だった。

 

私は見通しを立てるのが極端に苦手で、学生の頃は、入学と卒業の繰り返し、勉強ができればよくて、それはどうも良くも悪くも私になじんだらしい。ぽんと、そこから放り出されて暗闇だった。

半ば本気で、卒業した瞬間自分は自然死するのではないかと思っていた。

 

残念ながら、生きていた。

一年働けなくて、自分が「できないことがある」ことを思い知らされた。

 

そこから自分の「できなさ」を知った。

 

そういう人は、大勢いることも、自分とは異なる「できなさ」も知った。

 

そして、「ふつうのひと」がとても「できる」ことも知った。いわゆる、勉強はそこそこか、できない、の、人だ。

 

色々な事件を見聞きして、

「会話する」ということも、少し前より知った気になっている。

会話できないのは、ことばが違う。

会話できないのは、世界への開き方が違う。

そういう色々な違う、が、会話できなさ、を生んでいるのであって。

 

能力というのは、はかれない。

 

たまたま今、ある能力を使う社会である、

だから、それを測る。

 

私はたまたま、その能力が、いわゆる「平均より高い」ところがあった。

でも、「できない」。

そして、私は知ってしまった、「できるとかできないとか」ということの広さを。

ものすごくできる人、の存在とか、ものすごくできないように見える人、の存在とか。

 

私が見ている赤は、赤じゃないかもしれない、そういう世界にいるから、声高に赤だと叫ぶことも、青だと叫ぶことも出来なくなってしまった。

 

黙っていることだけが、私の言いたいことを言う。

 

言葉にすることは高慢で鼻持ちならない人間に、私をしてしまうから、言葉が嫌い。

 

それなのにこんなに沢山言葉を紡いで私は何やってるんだろうなぁ。どうしようもない。

 

つらいつらい、わかってほしい、でも、それは、私の心が「鼻持ちならない」と言う。

私もそう思う。

わかるなんて、そんな、そんなたいそれたこと、誰もできない。

 

2020/05/06 17:04