みんなのための未来を描く

f:id:kanokomori:20191211090313p:plain

未来はみんなのものであってほしい。

 

技術が進歩して、今、不便だったり困難な生活をしている人が

どんどん楽になる、生活がしやすくなるようになってほしい

 

でも、それと

「今比較的楽に生活できているかもしれない人」の生活が、反転する必要はない。

そうあってはならない。

 

そんな未来は、ぜんぜん嬉しくない。

 

技術も、未来も、みんなのものだ。

 

発達障害者のためのものでも、私のためのものでもない。

みんなが楽になるべきだ。

 

 

今、不均衡な状態を強いられていると、

まわりの「楽に見える人」が羨ましくて苦しくて、「ふつうのひと」が「意地悪な強い人」に見えてしまって、どうにもいやな気持ちをおさえられないことがある。

 

「技術が進歩して、発達障害者の特性が不利な部分はカバーされ、有利な部分が有利に働き、今と状況が逆転する」

 

なんていう妄想をしてみたりね。

 

でも、それは違う。

望んでいない。

 

それに、それは甘いよ。

技術をなめている。

人間をなめている。

自分をなめている。

 

自分はそんな未来を望んでいるの?

望んじゃいない、なめないでほしい。自分だけ甘やかされたくなんかないよ。

自分で自分をなめて、「ほら、こういうのがいいんだろう」なんて、そんなのいらないよ。

 

それに、「強くて意地悪に見える人」は、ほんとうにそうかな、

たぶん、けっこうみんな、「ふつうによわくてやさしいにんげん」なんだよ。

それを実感したい。

実感できるといい。

実感していることを忘れない。

 

どうしようもなくなったとき、どうすればいいのかわからないけど。

わたしは、ありたいわたしの姿をないがしろにしたくないから。

すくなくとも、そうありたいと思っていたい。

意地悪な自分を知っているから、苦しい。

でも、そうじゃない。

すっくと、よってたかることなく、たったひとりで、でもみんなで、ここにいたい。